MENU

ファティーボとプルエルの違いは?

太るサプリ「ファティーボ」は最大50%OFFですが、最近ツートップといわれつつあるのがファティーボとプルエルですね。

どちらも錠剤でのみやすいサプリメントになっています。

 

どちらがいいかお悩みの方が多いという話を聞きますが、
それぞれの違いを簡単に紹介いたします。

 

ファティーボについて

まずファティーボは5種類の酵素3種類の麹菌、さらに補酵素(単体では働きの鈍い酵素を働けるように補う)
であるビタミンやミネラルが豊富な食品として今評価の高い「スピルリナ」や体を温める「乾燥生姜」
さらにミネラル14種類以上、アミノ酸も18種類以上など太るために必要な成分が小さな錠剤にぎゅっと詰まっています。

 

 

痩せている人にとってリスクとなる体質的なものに働きかけてそのリスクを改善するように体の中から変えていけるような、
そんなパワーを持った成分が含まれているという安心感が人気の秘密です。

 

1日6粒が基本なのですが、飲み方は自由です。
一番オススメなのは朝昼晩の食事の後というのが一番忘れずに飲み続けるポイントだと思います。
もちろん、飲むだけではなくて日常において健康的な生活を実践することも重要です。

 

また、商品についてくるPDF「健康的に太る7つの秘訣」という読み物や、
習慣化するためのサポートシートなども付録としてつくので、それが目玉にもなっています。

 

このPDFはファティーボを開発された販売者の方が海外の大学で栄養学を学び、
その学びから導き出された太るためのエッセンスを読み易くまとめられたものです。
そしてサポートシートは毎日の状態を記録できるようなシート化されたもので、使いやすいと好評です。

プルエルについて

プルエルは錠剤と違ってカプセル形式のやはりこちらも大変飲みやすい小粒となっています。

 

 

痩せている人は食べ物を消化吸収する力が弱いのでなかなか栄養を吸収することができません。
その消化吸収力に大切なのが消化酵素となるのですが、体内の消化酵素は植物で補う必要があります。
その消化酵素がプルエルには7種類含まれています。

 

そのほか古くから伝わる漢方が7種類ブレンドされています。
胃腸の状態を整えるとして有名な「桂皮」「カンゾウ」なども含まれているのでなじみがあるのではないでしょうか。

 

また「必須アミノ酸」や、「酵母亜鉛」、自律神経に緩やかに作用しリラックスさせる効果のある「GABA」など、
他にも様々な有用成分が豊富に詰まっています。

 

ファティーボとプルエルの値段の違い

 

販売価格はこちらになります。

 

ファティーボ
7,000円

 

プルエル
5,980円

 

プルエルのほうが若干安くなっています。

 

安く買う方法

 

ファティーボを安く買うには9か月定期購入という方法だと、
初回が3,500円で購入することができ、30日間の返金保証があります。

 

プルエルのほうは3本セットで1,000円OFFの5,646円が最安値となりますが、
定期縛りがないので安心といえば安心ですが、こういった商品は続けたほうがいいので断念してしまう可能性はあるかも。

 

もしプルエルとファティーボを比較する場合、あなたにあった内容と購入方法で選ぶことが賢明です。

 

 太るサプリ「ファティーボ」最大50%OFF!のトップページに戻る

このページの先頭へ