太れない人にありがちな胃腸の状態「胃下垂」

太れない人の原因の中に胃下垂という点があります。

普通の人の胃腸の3分の1しか消化力がないと言われていますね。

 

胃のレントゲンや胃カメラなどで見てみると内部にはそれほど異常は見られないのが特徴で、
その胃の形は釣鐘状に垂れ下がっていて人で言うと気力がない状態。
なので自ずと消化する力も普通の人よりも弱いんですね。

 

胃下垂の人の胃は蠕動(ぜんどう)運動がうまくできないので、消化不良のまま食物が小腸に運ばれます。
そのため栄養を吸収できず、そのまま排泄されるので太れないんですね。

 

あまりに下垂がひどく常に調子が悪い人の場合は「胃アトニー」という病名が付きます。
(胃アトニーって胃無力症という意味とのこと)

 

大体痩せている人は胃下垂の人が多いですね。
かくいう私もそうで、胃のレントゲンを撮ると下まで映らないから結局胃カメラを入れられます。
どちらもとてもつらい検査なので本当に辟易します。

 

胃下垂の原因は?

胃下垂の原因と言われているものを挙げてみます。

 

遺伝的なもの

両親のうちのどちらかとか親戚関係が胃下垂

 

歯並びが悪い

食物が上手く咀嚼できずに胃腸へ到達しそれが負担となって胃が下がる

 

ストレス

過度なストレスは血管を凝縮させるので内蔵に上手く血液が渡りません。
そうすると消化器官の働きが滞ります。
そのため胃腸にも負担が掛かり動きが悪くなるのでだんだん働かなくなり胃の筋力も低下します。

 

加齢

年齢が高くなるにつれて筋力が落ちてきます。
当然胃腸の筋肉も力がなくなってくるのでその分胃の働きも悪くなるし、筋力がないことで自力で持ち上げるからも弱くなります。

 

胃下垂を改善する方法

胃下垂を改善する方法はこれで治る!みたいな定義はあまりないのですが、気をつけたいことを挙げてみます。

 

ヨガなど体に負担のない運動をする

 

食べる時には良く噛んで。早食いはしない。また消化の良いものを食べるように心がける。

冷たい物を控える。

 

睡眠をしっかり取る。

 

お酒やタバコは控える。

 

常に姿勢に気を付け、背中が曲がらないようにする。

(背中が曲がると胃に負担がかかる)

 

よく「胃下垂になりたい」なんて太ってる人はいいますが、
栄養を吸収できないということは、ほかの健康な人よりも確実にリスクの方が大きいはずです。
胃下垂をなんとか改善することを考えるとか、どうしても難しいようなら胃腸の消化を他の部分でスムーズに行くような生活習慣を、
痩せている人の場合は身につける必要があると思います。

 

 太るサプリ「ファティーボ」最大50%OFF!のトップページに戻る